NCレベラーフィード

レベラーフィード

ユタニのレベラーフィードはダウンループ式・アップループ式・上出し式などさまざまなタイプの実績があります。
下記以外にもFD1など小型タイプもあります。
ベースモデルからご要望に合わせカスタマイズさせていただくことも可能です。

FD2モデル

レベラーフィーダーFD2モデル
レベラーフィーダーFD2モデル
FD2シリーズは0.5~4.5mmをフォローする高剛性かつ汎用性の高い中位機種です。

仕様

FD2-40(写真)
FD2-60
板巾 (mm)
70~400
70~600
板厚 (mm)
0.5~4.5(注)
0.5~4.5
コイル重量 (kg)
3,000
3,000
(注:板厚により板巾が制限されることがあります。)

FG4モデル

レベラーフィーダーFG4モデル
レベラーフィーダーFG4モデル
FGシリーズは、コイルを意図的にバラケさせることにより、ノーピットでもトップ速度で長い寸法をフィードすることができます。
板厚2.3mmをメインとするFG1から板厚6.0mmをメインとするFG6まで実績があります。

仕様

FG4 -40(写真)
板巾 (mm)
80~400
板厚 (mm)
0.6~6.0(注)
コイル重量 (kg)
3,000
(注:板厚により板巾が制限されることがあります。)

FD5Nモデル

レベラーフィーダーFD5Nモデル
レベラーフィーダーFD5Nモデル
当モデルは厚板ハイテン材に対応しております。レベラーヘッドが大きく30°以上開きますのでクリーニングも簡単に行えます。

仕様

FD5N-120(写真)
板巾 (mm)
70~1200
板厚 (mm)
0.8~8.0(注)
コイル重量 (kg)
5,000
(注:板厚により板巾が制限されることがあります。)

FD6Nモデル

レベラーフィーダーFD6Nモデル
レベラーフィーダーFD6Nモデル
バックロールを備え、10本のワークロールでハイテン材でもよりよい平坦度が得られます。
レベラーフィーダーFD6Nモデル
ダブルコイルカー 自動装填 自動挿入
二つのコイルカーを備え、コイルエンド時 アンコイラーへのコイル装填、レベラーへの材料挿入を自動で行うラインです。

仕様

FD6N-40(写真)
FD6N-60
FD6N-1000
板巾 (mm)
70~400
70~600
80~1000
板厚 (mm)
0.8~8.0(注)
0.8~8.0(注)
0.8~8.0(注)
コイル重量 (kg)
3,000(5,000)
5,000(8,000)
8,000(10,000)
(注:板厚により板巾が制限されることがあります。)

FU7モデル

レベラーフィーダーFU7モデル
レベラーフィーダーFU7モデル
アップループタイプで、厚板ハイテン材でもレベラーへの挿入がスムーズに行えます。

仕様

FU7-70(写真)
板巾 (mm)
80~700
板厚 (mm)
1.6~800(注)
コイル重量 (kg)
5,000
(注:板厚により板巾が制限されることがあります。)
2017年12月
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
株式会社 ユタニ
〒581-0039
大阪府八尾市太田新町4-88
TEL.072-943-1213
FAX.072-943-1223
1.■コイルライン製造■
2.■ レベラーフィード■
3.■ シャーライン■
4.■アンコイラー・レベラー■